神鍋高原ペンションスノーランドは、緑や花に囲まれた、心も身体もゆったり過ごせる小さなペンションです。

ブログ:スノーランドからの風の便り

何とか祭りも終了。宮支配のお役目も無事終えました

2019年10月15日 / ブログ

大きな被害の報道が伝わってくる台風19号ですが、そんな中で村一番の行事秋祭りと大日さんが執り行われました。

この度の台風19号では東北、甲信越地方にての甚大な被害に遭われた皆様にはお見舞いを申し上げますと共に、一刻も早い復興がなされる事を祈っております。又お亡くなりになりました方には心より御冥福をお祈りします。

今年一年間宮支配の大役を受け持ちする我が家です。1年と言っても5月8日の御釈迦様の誕生日を御祝いする花祭りから、来年の3月15日の御釈迦の亡くなられた涅槃さんのお祭り迄の行事を担当します。この小さな地域ですが、神事だけでなく、御釈迦や大日如来をお祭りする仏事の行事も独自で行う村です。長くなりますが、村の歴史を少しお話しをさせていただきます。

山奥で土地も少なく畑や田もない地域で何故?となりますが、その昔は全国で山田商人と呼ばれた程の財力があったようです。麻を隣村などに栽培してもらい、麻を編んだ物を全国行商で販売していたようです。つまりは土地などはなかった分、商才にたけた方々がいらっしゃったと言う事です。

村は行き止まりの地形ながらそれぞれ商売を営み、屋号は下駄や、屋根や、豆腐や、などなど郵便局もあり60軒程の村でかなりの繁栄をしたようです。現在では33軒です。そんな歴史を持つ村では文化財が色々あり、それを管理執り行う宮支配なるものが村役員で交代でされるのです。

台風の12日のお祭りではのぼりも祭り提灯も無し、御旅も中止で神主さんの祝詞だけ受ける事に決まりました。村内に飾りがないと祭りの雰囲気がありません。それでも13日には朝から餅まき、午後から御旅とやっと盛り上がりました。

神輿と地車が出ます。昔は地車に乗って笛や太鼓は男子だけでしたが、少子化で女の子まのり、更には他地域に出た人も声がかり乗る事にも。我が家の外孫も塩まきに駆り出されました。

神輿と地車が吉野神社にて神事を受けたあと元気に担ぎ出されました。この村は安産の神様の吉野神社と家内安全の三柱神社の二つお祭りしてます。秋祭りは安産の神様の吉野神社のお祭りです。これをみても全国を行商して主人が留守ガチだったこの村では、子孫繁栄を祈り安産の神様吉野神社を大切にされたと思われます。http://www.snow-land.jp/blog/wp-content/uploads/2019/10/img_3309.mov

祭りの3日目はいよいよ大日如来さんのお祭りとなります。本当にこの村は神仏一帯の不思議な村ですが、歴史を紐解くと興味深いものがあります。長くなりますので、二回に分けてご報告します。

明日はこの大日如来さんの様子を又お知らせいたしますね。


神鍋高原ペンション・スノーランド



ネットで24時間受付。ご予約は↓↓↓

ネット予約はコチラから!


スマホでご覧の方は、タップで即コール!
↓↓↓↓↓

電話:0796-45-0531

コメントは受け付けていません。